読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『鉄腕アダム1巻』読みました

鉄腕アダム1巻がいよいよ発売されました。

自分がジャンプ+を購読するようになったきっかけともいえる作品です。
たまたまジャンプ+という存在を知り、アクセスした当時連載開始されました。
以来、更新を楽しみにしています(*^▽^*)

内容はですね、ざっくりいうと”蝶”と呼称される地球外生物から
地球を守るために戦うロボット、アダムの活躍を主軸に、
アダムの開発者ジェシー・マクスウェル博士と感情を持つロボットに対して
敵愾心を持つ人々との戦いを描いたSF作品です。

ロボットと言ってもアダムは人間そっくりな外観と心を持っています。
小説を読み子猫を拾う人と変わりないように見える優秀なロボットです。
タイトルの『鉄腕』はまさしくあの、鉄腕です。

しかしあの鉄腕の世界での話しというわけではなく、
アニメ作品として『鉄腕』が存在している世界の中で展開するお話なんです。

科学考証がしっかり為されており設定も現存するもの、研究中の科学に
基づき描かれているため、ストーリー展開は非常にリアルです。

ですので我々が今生きているこの現実世界の未来の話のようで、
読んでいていて、その世界観を身近に感じのめりこんでしまいます。

蝶は8体存在し1週間に1体づつ地球に接近し最後の蝶は8月31日に接近するという
分析がされています。物語の始まりが1体目の蝶を撃退するところから始まったので、
上記の期間を考えると物語は7月31日から始まっているという事になります。

舞台設定としては約二か月での話しですが、それぞれの登場人物の過去の話も
関係してきたりして世界観の拡がりが感じられます。

そしてかつて月面基地で起こったAI暴走事件というものが密接に絡んできて、
陰謀渦巻くサスペンス的要素もあります。

毎回次の更新が楽しみな作品なんですが、更新頻度は4週間に1度のほぼ月間連載、
普段週刊漫画を読んでいる身としてはおあずけをされているようで非常にやきもきします(笑)

ただ、合間に科学講座も入ったりするのですがこの科学講座が非常に読みごたえがある物になっています。

今一番次回更新が楽しみな漫画です、
次の更新が待ち遠しいです。

『終末のハーレム1巻』読みました

この作品、少し前にちょっとした事でネット界隈で話題になりましたよね。

そう、『修正が入った!』と言って。

何の修正かというと18禁描写なんですがね(^_^;)

ジャンプ+で連載開始時から読んではいたんですが、
あまり意識してなかったので特に気にはしてなかったんですが。

さて今回発売されたコミックですが・・・

モロだしじゃないかい

いやいや一昔、いや二昔ぐらいの少年誌でこんなもん普通にあったような気もしますが、
このご時世、これ大丈夫なのかなと心配になります(^_^;)

さてストーリーはディストピアハーレムといったところでしょうか、

未知のウイルスにより99.9%の男性が死んで女性ばかりの世界になってしまった。

数少ない生き残りの男である主人公水原怜人はいくらでも女を選び放題、
女性の方も選ばれるのを待ちわびているという桃源郷なんですが・・・

しかし肝心の主人公はおいしい思いがいくらでもできるはずなのに
全く手を出さないんですよね、想い人がいるからと言って。

オマエはインポか?小学生か?と毎回ツッコまずにいられません。

そんな世界で行方不明になった想い人を探しだし、
なおかつこのウイルスの特効薬を作ると言い出したところで次巻に続きます。

う~ん、人間としてはあってるかもしれませんが男としてはまちがってますな、
こいつとは友達になれそうもありません(笑)

20代なんて性欲の塊みたいなもんだと思うですがねえ、草食系ってやつですかね?

主人公の他に生き残った男が一人出てくるのですがこっちは欲望全開で酒池肉林を繰り広げてます。

うん、こっちが正解だろ男としては(*^▽^*)

さて作品としてはこの後想い人失踪の謎を追い、世界の謎の根源に迫っていくわけですが、
そのさなか怜人は快楽に堕ちるのか貞操を守り続けるか?
比較的そこはどうでもいいですが(^_^;)

それよりもほぼ毎回、モザイクのある描写があるのですが、
どうやらコミックスではこれらはすべてとっぱわられるようですので、
そちらが期待ですね。

 

 

『終わりのセラフ 12巻』読みました

前回から引き続き優たちのいる海辺の村に向かうフェリドとクローリーから
話は進みます。

フェリド曰く『仲間になるために』

いや、微塵も信用できないんですが(^_^;)
こいつほど信用ならんキャラクターも珍しいですよね。
仮に本当だとしても絶対裏があるだろう!
というツッコミを入れずにはいられません。

オープンカー乗っている描写観ながら思ったんですが、
今更ながらですがこの世界の吸血鬼って太陽克服する術持ってるんですよね、
そうでなくても身体能力は人間を凌駕してるのに、それに加えて最大の弱点が
通用しないんならもう人間に勝ち目ねえという絶望感で一杯なんですが(^_^;)

ちなみ吸血鬼の弱点とされているのが、
太陽光、聖なるものの象徴としての十字、ニンニク、流れ水ですね。
その他制限としては初めて入る家屋には家人の許可がなくては入れない、
鏡に映らない、といったところです。

せめて十字は効果発揮して欲しいんですが。
そうじゃなきゃ圧倒的すぎますよねえ。

さて村についてからのフェリドのやり方はホントに清々しいほどにド外道でした。
特に1巻から久しぶりに出てきた茜ちゃんの扱いが酷すぎます、

そんな茜ちゃんを見て優はまた暴走し意識は途切れ阿修羅丸との会話に。
阿修羅丸はなんか憎めないんですよね。

阿修羅丸はそもそもは真昼の中にいたわけですが、
元吸血鬼の彼がなんで、真昼に憑いていたんですかね?

その辺の謎もきっと解明されるんでしょうから、その時までのお楽しみですね、
というかその辺は小説版の方で触れられるんでしょうか?

さて、今回フェリドが言っていたグレンに関する事が事実ならば、
グレン本当に16歳の時に破滅してるじゃねえか、ってことなんですが・・・

あ、小説版のタイトルが『終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅』っていうのですね、

本当に良い事無さすぎだよグレン、優ちゃんよりも悲惨じゃないですが(ToT)

小説版読んでいる人にとってはハンマーで頭殴られたぐらいの衝撃だと思いますよ、本当に。

え?これって全部グレンのせいって事?
え?あの5人が?まさか?!

という風にフェリドのたった8コマのセリフでかなりのネタバレでした。
この世界がこうなったのは何故か?という最大の謎がさらっとさらされましたし、
ただ、フェリドの言う事なので本当かどうかまだわからんですがね。

真偽の程は置いておいて前巻で終わりのセラフが出てきた時よりもよっぽどショックでしたよ。


この先どうなるのか?次巻も見逃せないですね。

 

『インフェクション』読みました

色々とヤバいという噂だけは知っていたインフェクション、
書店で最新刊を見かけたので既刊1,2を古本屋で購入しつつ、
新刊も購入。早速読んでみましたが・・・

これ18禁になってないのかよ(^_^;)
 

モロ出しこそないもののイカンだろうというシチュエーションが山盛りですよ。

ストーリー上、本来なら涙なしでは見られないはずの死にゆく妹との入浴シーンも、
イカン描写てんこ盛りという。

というか、妹と入浴、って言葉面だけみるとそれはそれでダメですな、
本当は涙なしでは見られないイイシーンのはずなのに台無しです(笑)

 

さらに主人公が行動を共にする女の子が常時パンモロっても新しいですな(^_^;)
しかもそのパンツがセクシーTバックで常時ケツがまるだしという(笑)

 

さて、エロ要素は置いておいて。

 

パンデミックパニック系としての肝であるところの感染者たちの描写もスゴイの一言ですね、こんな気持ち悪い感染者初めて見ました(^_^;) 
 
初見で見たときは本当に本閉じました(+_+)
慣れれば何とかみられるようになりますが、未だに直視は無理です(^_^;)

ネタばれするとですね、感染源が虫なんですね。
しかも体内で異常繁殖して穴という穴からあふれ出てくるという・・・
ゾンビのような腐った死体というわけではないのですが、
その描写の気持ち悪さはゾンビに負けてないです。

よくもこんな気持ち悪いもの思いついたものだと作者の方の創造力に感服しました。

でもですね、そういう色々なイカン要素を置いておいて、
内容自体は面白かったので継続して読んでいきたいと思います。

イイ人とゲス野郎がしっかりと区別されているのがイイですね。
爽快感があります。

 

ゲスいやつが実はイイやつだったとか、イイやつだと思った人物が実は外道とか、
そういうのはもうお腹いっぱいですので。

 

主人公がウジウジ悩み続けないで足掻きながらもがきながらも前進しようとするというのも、
実に爽快でいいですね、失敗をいつまでも引きずらないというのがさっぱりしていて実に読後感が良いです。

次巻が楽しみです(*^▽^*)

『エイリアン孤島鬼談』読みました

長年のお付き合い、八頭大のトレジャーハンターシリーズ最新作
『エイリアン孤島鬼談』 読みました。

魔人妖人超人目白押しの菊地秀行作品の中で数少ない普通の人間である、
大ちゃんが超常的な相手に財力と機転で立ち向かうこのシリーズは大好きです(*´▽`*)
 
さてそのシリーズ最新刊の相手は日本古来のあの一族ですね。

そう、鬼です。

あれ?こんだけ長いシリーズでこれ初めてなのか?なんか新鮮ですねえ。
というか今回はエイリアンではないですね。
これまでも化け猫とかありましたがそれも実はエイリアンだったっていう落ちがあったわけですが、
今回そういう描写はなかったですね?

でも面白いのでとにかくよし!

日本の昔話ではすっかりやられ役として定着して、
どこか情けない印象もある方々ですが、これが菊地先生の手にかかると、
まあ、怖いこと怖いこと ((((;゚Д゚))))

何とはなしに永井豪先生の『手天童子』を思い出しましたね。

さて今回新キャラが出ました。真田鞭丸というとんでもない名前の小憎たらしいクソガキなんですがね、
素性的には今回の敵に特化してるんで、次回以降も出番はあるのか心配なんですが(笑)
そういえば出番で思い出しましたが、リマはすっかり出なくなってしましましたね、
好きなキャラだったんですがねえ・・・
 
閑話休題

 

いつものように絶望的で圧倒的な力を持つ敵に財力にモノを言わせて開発したスーパー装備で迎え撃つわけですが、  
今回は兵器の描写は控えめでしたね。
それよりも敵側の超常的な力の方に描写が割かれてるように感じました。

そしてそれに対抗する大の方も兵器もさることながら、
シリーズ復活以来よく話にでる『ジルガ』を頼る事の方が多いですね。
 
さて、このジルガ、菊池作品世界で他に会得してるのは『新宿』の片目の刑事、
スパインチラー屍さんですが、二人とも一体どこで習ったんでしょうかねえ?
そういう説明ってありましたっけ?

というか、大と片目の刑事さんは面識があるのだろうか?
あるのだったら兄弟弟子とかそんな関係?

なんて事も妄想しながら読むのもまた楽しいですね(*^▽^*)

 
閑話休題2

 

さて物語は世界の危機を迎えつつも、あっさり解決してしまうという、
いつもの流れで終わるのですが、もうちょっと新キャラ君も活躍してほしかったですね。
素性的にもっとガッツリ敵と絡んでも良さそうなもんなのに勿体ないですねえ(^_^;)

それでも今回も面白かったです、 
次回のトレジャーハンター八頭大の活躍も楽しみですね♪