読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『エイリアン孤島鬼談』読みました

長年のお付き合い、八頭大のトレジャーハンターシリーズ最新作
『エイリアン孤島鬼談』 読みました。

魔人妖人超人目白押しの菊地秀行作品の中で数少ない普通の人間である、
大ちゃんが超常的な相手に財力と機転で立ち向かうこのシリーズは大好きです(*´▽`*)
 
さてそのシリーズ最新刊の相手は日本古来のあの一族ですね。

そう、鬼です。

あれ?こんだけ長いシリーズでこれ初めてなのか?なんか新鮮ですねえ。
というか今回はエイリアンではないですね。
これまでも化け猫とかありましたがそれも実はエイリアンだったっていう落ちがあったわけですが、
今回そういう描写はなかったですね?

でも面白いのでとにかくよし!

日本の昔話ではすっかりやられ役として定着して、
どこか情けない印象もある方々ですが、これが菊地先生の手にかかると、
まあ、怖いこと怖いこと ((((;゚Д゚))))

何とはなしに永井豪先生の『手天童子』を思い出しましたね。

さて今回新キャラが出ました。真田鞭丸というとんでもない名前の小憎たらしいクソガキなんですがね、
素性的には今回の敵に特化してるんで、次回以降も出番はあるのか心配なんですが(笑)
そういえば出番で思い出しましたが、リマはすっかり出なくなってしましましたね、
好きなキャラだったんですがねえ・・・
 
閑話休題

 

いつものように絶望的で圧倒的な力を持つ敵に財力にモノを言わせて開発したスーパー装備で迎え撃つわけですが、  
今回は兵器の描写は控えめでしたね。
それよりも敵側の超常的な力の方に描写が割かれてるように感じました。

そしてそれに対抗する大の方も兵器もさることながら、
シリーズ復活以来よく話にでる『ジルガ』を頼る事の方が多いですね。
 
さて、このジルガ、菊池作品世界で他に会得してるのは『新宿』の片目の刑事、
スパインチラー屍さんですが、二人とも一体どこで習ったんでしょうかねえ?
そういう説明ってありましたっけ?

というか、大と片目の刑事さんは面識があるのだろうか?
あるのだったら兄弟弟子とかそんな関係?

なんて事も妄想しながら読むのもまた楽しいですね(*^▽^*)

 
閑話休題2

 

さて物語は世界の危機を迎えつつも、あっさり解決してしまうという、
いつもの流れで終わるのですが、もうちょっと新キャラ君も活躍してほしかったですね。
素性的にもっとガッツリ敵と絡んでも良さそうなもんなのに勿体ないですねえ(^_^;)

それでも今回も面白かったです、 
次回のトレジャーハンター八頭大の活躍も楽しみですね♪